芳香療法にできること

日々のちょっとした心や体への負担、ストレスは、
自律神経やホルモンバランスを簡単に崩してしまう。
逆にいえば、シンプルな芳香療法が心や体を整える心強い助けにもなる。
と聞いたら、あなたはどんな風に思うだろう?

リラックスはするかもしれないけど。芳香なんてただの空気のような物でしょう?
…そう思う人は少なくないかもしれない。
でもこの繊細は香りは目に見えないだけで、香りの分子としてちゃんと生きている。


天然の植物の香りは、枯れた落ち葉ではなく生きた植物からしかしない。
以前に私がケイ先生から学んだこの言葉は、とても印象的だった。
「香りは生きている。命その物で生命力に満ちている」
アロマテラピーにある大きな影響力、私自身も出会ってから18年。
生活の中にアロマテラピーがあったし、使って驚く効果、頷ける体験がたくさんある。

時には風邪を予防したり、喉や呼吸を楽にしてくれたり、虫よけにもなってくれた。
大好きだったのに妊娠してからは禁忌になる「ジャスミン」が気持ち悪くてかげなくなった事。
ところが好きじゃなかった柑橘系は、妊婦さんの味方だからか大好きになった事。
出産予定日を過ぎても出てこなかった娘がおなかにいた時、
分娩を自然に促す心強い味方「ジャスミン」をかいだその日はあまりにいい香りに感じて、
その数時間後に安産で生まれた事。

そんなエピソードなら他にもたくさん…

でもそれよりもっと大きな影響は、心に語りかけてくれて自分自身に向き合わせてくれてきた事。
自分でも気づかなかった気持ちにも気づかせてくれた。
そんな経験がアロマテラピーの、芳香療法の、植物の純粋な力のように思う。

シンプルだからこそできる事。
ゆっくじじっくり聴いてあげないと聴こえないくらい、かすかな声を聴く純粋な力。

何かに向き合いたい時、純粋な自分に還って夢中になりたい時、
私らしく思いっきり笑いたい時、大切なことを忘れている気がする時、
無心になりたい時も…アロマテラピーはきっとあなたの支えになる。

アロマテラピーを使って心と向き合う。
そんな贅沢な時間は二の次、よりより生活が優先!あれこれやらなきゃ!暇になったらやろう。
そうなりがちな現代だからこそ、予定の中にしっかりと組んであげる。
一見大切に見えないこの寄り道こそが豊かさで、寄り道こそが実は最も大切だったりするよね。

生徒さん、お客様、もちろん自分自身を17年以上そばで見てきたからこそ実感している。
と、今日はこのへんで。 

myu





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です